學日語+留學代辦: 歡迎加入 LINE官網
Tag

日本

Anita的流浪日記2005-09-12

9/12 「怎麼沒有吸管孔呀!?」 今天午飯是吃便利商店. 。 在台灣,像「純x茶」那樣的包裝,都會有個吸管孔。但是日本沒有這樣的設計。 因為同學的這一句話,讓我回想到,在我大三當完交換生回台灣時,第一次發現有「吸管孔」這玩意~ 2002年9月去日本前,在喝「純x茶」時,一般在喝時,都是從兩邊撕開。 2003年9月回台灣,正式上課第一天上課時,如往常一般我會帶一瓶在課堂上喝。 就在我撕開一邊插入吸管,我的同學突然大叫「Anita~~~~ 明明就有吸管孔了,你在笨啥呀~!!!」 (驚) … 「啊!?吸…吸管孔…那是啥= =!?」 接下來,同學就手指在一個圓圓上面寫著「吸管孔」三個字… 這設計還蠻方便的啦~

めぐみちゃん日本東京短期留學的感想文

2011/6/6~8/26 相信問e研的學生,為什麼會選擇到e研,百分之90都會回答”在網路上看到大家推薦的”。沒錯!沒想到現在我居然也要成為e研的活廣告之一了~呵。 在到e研之前,我的日文程度是:多年前有自己在家背過五十音中的平假名。是的,雖然只有這樣的程度,我還是勇敢的選擇到"口說"機率大的e研,想想還真是很勇敢的決定,畢竟如果開始上課後,因害羞或是單字、文法懂的不夠多,而減少了開口說話的機會,那可是浪費自己的金錢呢!但因為想讓自己的基礎可以紮實、一開始的發音及語調就可以不要台味太重,因此即使學費較高,也還是報名了e研。 在e研的三個月中,就這樣從第一課的"這是蘋果、那是鉛筆"開始上起,上到四冊教科書的中最後一課"敬語"。明明不會日文的我,卻在這三個月中,每天都聽著老師說的日文在學日文,朋友都問我"那你聽的懂嗎?"說實話,我還真的多數都聽的懂呢!當然不是因為我厲害,而是老師總是會搭配許多肢體動作、表情、誇張的語氣、畫圖…等等,來幫助學生瞭解現在在說明的文法。   小班制的e研,有許多和老師說話的機會。老師們親切當然是一定的,對學生也都相當用心。有時前一天對別的老師講到一些自己喜歡的東西或是生活上的一些小事,隔天的老師也馬上就"掌握"到消息,把這些當成素材舉例,讓自己能更快記住新教的文法。   老師群中,除了教課外還負責學生大小雜事的森本老師,更是e研的靈魂人物。時常幫忙我們處理一些生活上的問題,連予約餐廳、傳話,都要老師做~真是太對不起森本老師了~呵。但森本老師總是用甜美的笑容回答"好的,沒問題!"。雖然我早已是成人了,但森本老師還是在我抵達時,特別去車站接我,還帶著我從家裡走到車站認路,這應該是一般學校不會想要去做的事吧!     還記得修了式那天,跟老師們的擁抱,那些擁抱除了代表我的不捨,更有我滿滿的感謝。就像林老師-她是教我第一課的老師,在送給我的卡片上寫的,她看著我從第一課開始到五十課結束、看著我每天每天把新學會的文法融入到會話中,她真的覺得很"感心"(是日文哦)。當然我現在的日文還算是在基礎的階段,但前陣子和剛認識的日本朋友聊完天後,他們問我學日文學多久了,我說「三個月」,接著聽到的是日本人經典的拉長音「ㄟ~~~~~~,怎麼可能!」所以我想,e研的確讓我的日文有了很良好的基礎吧!

レイの日本短期留學感想文

  大學畢業到入社會多年,一直羨慕著身旁朋友出國進修,自己也終於下定決心來趟短期的遊學之旅,中間雖然碰到311強震的一些波折影響而延後時間,最終總算是成行。 當初決定遊學國家時毫不考慮就是日本,因自己本身非常喜愛日本&前幾年每年都會和家人來自助旅行,至於為何是”e研”?!,最吸引我的就是小班制了,加上第一次到台北辦公室時Tina &維琴的親切解說,更在心裏決定就是它囉! 來到日本上課後,我們這一班只有二人,所以跟老師會話的機會又大增,加上e研每位老師都非常親切,總是講解+手勢來提高我們的理解力,而我則是一抓到機會就跟老師講話練日文,講錯or詞窮都無所謂,真聽不懂還有最後一招-直接寫漢字,其實最主要是要敢開口講才會進步,我想這也是e研和其他語言學校最大不同之處。 e研另一個特別之處就是每星期一.三.五下午會有e研salon活動,帶活動的都是日本在地大學生,所以更可以增加日文會話機會,而這次一來森本老師就問我們有沒有想去的地方?!,所以這幾次的e研salon活動把東京想去的幾個點都走遍了! 雖然此次僅有短短4周課程, 但獲得的經驗卻很多, 在此也要謝謝e研的各位老師們, 讓身在異地的我感受到溫暖, 往後再來東京旅遊時就多了一停留點–代代木e研~~    

想不到在日本沒一個月的時間,我已可以跟老師們聊天了

直到了大學畢業後的空檔,毅然決然的想學習日文,既然想學就要學的有成果!那就去日本學吧~現在的問題就是要找哪間語言學校呢!剛好在日本的朋友給了我一些介紹,我選擇了e研。雖然學費比較其他的稍微高了一點,但是我看中的是e研的小班制!!我認為對我幫助最大~好的!!馬上聯繫e研的維琴,說我急著要過去拉!!也感謝維琴,從我決定到過去中間才不到10天,所有事情都安排的已經井然有序了^_^。就這樣,帶著我那殘缺不全的五十音跟在機場與第一位同學朋彥相遇開始為日本行拉開序幕!! 上課理所當然全部老師都是日本人,剛開始的1星期,只覺得自己來到外星球聽著他們說外星文!!課餘時間聽著他們聊天~我只會"はい",然後就辭窮了。。。上課中老師們每個總是不厭其煩的非常耐心的細心的教導~!沒有進度的壓力!只有像家庭的溫暖,上課總是很享受,在歡樂歡笑中度過!!每個星期有三天的下午會安排e研salon活動由日本大學生帶領我們出去走走看看!在特定的節目會有大型的趴踢慶祝~想不到我在日本不到一個月的時間。。。我已經可以跟老師們聊天了!!!那種感覺真的很舒服啊!!哈哈~而且在日本的關係,有時候會覺得身在異地的,做事情總有些不便!!e研的老師們每個都很熱情,只要有任何問題!都會很貼心的給予關心跟提供解決的辦法~真的很窩心呢T︿T 當然還很多很多不勝枚舉!!只是難以用言語表達~那感覺不是我的文學造詣寫得出來的!!嘿嘿~接下來飲水要思源,還是要鄭重的隆重的謝謝e研的白寄老師,KAY老師,林老師,森本老師,內田老師,日比野老師,太田老師,なな老師,藤井老師,維琴,TINA,~還有一起學習的同學們!!!你們真的很棒阿^_^記得還是要常聯繫喔~~

在e研,班級人數是小班制,很容易的就要開口

三個月前自己還在日本生活,很快的回到台灣已經一個月了。 在日本的三個月,很幸運自己選到了e研.一開始還是抱著很不安的心情,到日本前我自己有在台灣的補習班上過課,補習班雖然很迅速地可以學到很多的文法,但是,我每次下課的疑問就是"我真的學會了嗎?" 在e研,班級人數是小班制,很容易的就要開口.老師們也都很親切,雖然一開始不太會說,但是聽著厲害的同學和老師的對話,加上老師及同學很有耐心的解釋,漸漸的也可以插得上話.當插得上嘴後又讓我有了新的挑戰,也就是變成和老師一對一的上課(因為同學們的時間都到了,回台灣來了).新的挑戰讓我的日文學習到更多東西,不僅每天在電車上要想今天想講的話題,看到聽到任何不懂的東西都是成為我詢問老師的題材,也因此對於日本的文化有更進一步的認識和體驗。   在e研的好處就是每周有三天的下午有e研salon活動,e研salon活動除了讓我在日本有深度的旅行和許多的照片當回憶外,也結交了很多日本當地的大學生當朋友.活動中他們也總是很熱心的帶我們到處去參觀,印象很深的一次是去台場,小林同學甚至都還自製介紹講義,讓我們了解台場不是只有血拚而已。

盈潔的感想文-日本短期留學:日本秘書檢定必勝!!

進入職場多年,繁忙的工作讓我覺得內心越來越空虛,驚覺需要有讓心靈呼吸的空間。於是決定暫時離開職場,到日本遊學充實自己。因為不想要只是單純的遊學,所以為自己擬定了一個參加,日本秘書檢定的目標。 恰巧以前我有緣參加e研的商業日語課程,覺得e研的老師上課既認真,而且也能快速反應學生的問題,所以這次的短期遊學,我想也不想的就打電話跟e研聯絡相關事宜。在老師們的協助下,很快的就處理好課程和住宿甚至是交通的問題。 到達日本上課後發現,跟一般的日語學校不同的是,e研除了上午的課程外,每週有三次的e研salon活動,會有日本的大學生帶同學們到日本的博物館或古蹟名勝參觀等各種活動,讓學生們可以瞭解日本的文化,有時也會舉辦茶道活動讓同學有參與感,所以我常常行程滿檔,早上上課,下午參觀,晚上複習,十分充實! 活動中令我印象最深刻的就是萬聖節party,同學們和日本的大學生一起參加,老師們不僅準備美味的料理,還設計了一系列日文會話遊戲,一邊玩一邊攪盡腦汁用日文說出自己想表達的意思,還有許多同學和老師犧牲形象裝扮得爆笑又有趣,非常快樂喔! 我覺得e研的教學方法對學生幫助很大,首先純日語的教學,會使得學生不得不講日文,接著小班制大大增加同學會話的頻率,人較多的大型語言學校一堂課都不見得有講出10句日文的機會,在e研一堂課可是有講到3倍以上的機率喔!事實上是連下課都要講日文的說!這些優點都讓同學的日文會話能力進步神速喔!然後老師們的豐富知識與快速反應也讓我敬佩,跟老師溝通的時候,我覺得老師常常能迅速反應我的問題重點再加以解說,讓我可以理解課程內容,而且老師也鼓勵發問,所以我也常常想到什麼問什麼,不會把問題積在心裡。 令我吃驚的是,e研的老師們不僅是課程上教授知識,他們瞭解外國學生到日本後難免會水土不服,也常常關心學生的生活狀況,讓我覺得很貼心呢! 這次的日本遊學讓我獲益良多,而且也順利地通過秘書檢定的2級考試,真是一舉兩得!謝謝e研的大家!

この夏の思い出

日本に来て、まもなく一ヶ月になります。以前、あまり家族と離れたことがありませんでした。 今回みたいに、これほど長い時間、家を空けたことは初めてです。最初は、この一ヶ月間の生活について、家族が心配して、自分自身も「いったいどれくらい一人でできるかな?」っと心配していました。でも、先生たちとルームメートたちのおかげで、この一ヶ月間楽しく過ごせました。私は一人ではありませんでした。そして時間の流れは速いです。気がついた時、遊学の生活はすぐ終わりとなります。 この間には、いろいろと初めてのことがありました。例えば、最初の授業では、生徒は私一人だけでした。今までに、こんな授業がありませんでした。ちょっとびっくりしました。あとは、自分で食事のことをするも初めてです。普段、台湾の家では、食事の用意は、いつもお母さんとお姉   さんです。今は、自分で「何を食べたらいいかな?」って毎日悩んでいます。すると、食事のために、お母さんの悩む気持ちがちょっとわかります。    それから、他にも楽しく初めてのことがいっぱいです。ライブハウスへ行ったことも楽しかったです。今週はもう一度行く予定があります。映画館で、コンサートの映像を見ることもすごくいい体験になりました。先週行った花火大会も美しい景色を見たし、面白い場面も見ました。たぶん、一生忘れない花火大会になります。今週、東京ドームへやっと野球の試合を見に行きます。とても期待しています。  日本での生活の時間はあと一週間ぐらい残っています。ちゃんと時間を大切に使って、行きたいところやしたいことなど、できるだけ楽しみたいて思っています。

日本遊學感想 – 最後の夏休み-湯逸涵-

  今年は大学最後の夏休みで、日本へ行きました。三週間いろいろなところへ行って、いい思い出ができました。 e研に初めて来て、日本の学生たちとおしゃべたり、ゲームをしたりしました。「親切なみんなさんに会えて、よかったな。」と思いました。そして、翌日は日本の学生の景子さんと望さんと一緒に大江戸線の旅で遊びました。最初、ちょっと緊張していました。でも、六本木ヒルズへ行き、もんじゃ焼きを食べ、一緒におしゃべりして、楽しかったです。それから、毎日朝10時から授業があって、午後はいろいろなところへ行って、観光しました。毎日歩くから足が痛くて、体も疲れたので、夜はすぐ寝ました。  e研salonで居酒屋へ行きました。皆ビールを飲むと日本語をペラペラしゃべりました。ビールも大好きと言いました。そして、明治神宮へ行った時には、日本の伝統的な結婚式を見ました。お嫁さんが綺麗でした。  北海道の旅は、東京農業大学と世界遺産を観光しました。おいしいかにも食べて、幸せになりました。東京農業大学の学生未央さんに会って、自分の将来について話しました。そこで、未央さんと夢を叶えるという約束をしました。東京農業大学と東京情報大学を見学した時、大学の授業についてたくさん勉強しました。 また、日本の夏祭りも体験して、花火大会へ行ったり、ゆかたを着たりしました。 それから、東京ディズニーランドにも行きました。子供みたいに遊んで、いい思い出ができました。 この期間日本滞在中に、勉強したり、遊んだりして、楽しかったです。e研の先生たちもやさしくて、いろいろとお世話になりました。大学生として最後の夏休みは、このようにいい思い出ができてよかったと思います。

日本遊學感想-日本の旅 -陳怡君-

  今回の旅はみんなと一緒に日本へ行ったことが、とてもうれしかったです。 東京の天気は毎日暑いです。毎日、たくさん歩きました。少し疲れたけど、楽しかったです。e研の先生と日本の大学生たちはいつも親切な言葉とあたたかい態度で接してくれました。  みんなと北海道と千葉へ行きました。それは、大学を見学するためで、北海道にある東京農業大学と千葉にある東京情報大学に行きました。北海道は東京より寒かったです。でも、北海道の空気はきれいだし、食べ物もおいしかったです。そして、千葉動物園では、いろいろなかわいい動物の写真を撮りました。 e研の先生たち、ありがとう!先生たちはいつも頑張っています。みんなに感謝しています。 一番良かった事は、もちろん、花火大会です。花火大会はとてもにぎやかで、した。みんなが幸せに感じる花火は本当に美しかったです。 そして、私はあの人に出会えて、嬉しかったです。私は日本語を勉強することが大好きです。私はあなたの笑顔が大好きです。いつも、あなたに「すみませんでした」ばかり言っていました。本当にありがとうございました。

日本遊學感想- 夏の思い出 -陳依婷-

  今年の夏休みは最高だと思いました。なぜかと言うと、初めて日本へ行ったからです。短い22日間でしたけど、いろいろな思い出ができました。  日本は台湾と同じく暑かったです!まず、私たちは滞在場所である十条に行きました。部屋は異常に狭くて恐かったので、「あぁ!台湾へ戻りたいな。」と言ってしました。でも、やっと慣れてきた今は、日本で過ごす時間があまり残っていません。    私は六本木、東京タワー、ディスニーランド、北海道、渋谷、横浜などへ行きました。一番印象深かったのは北海道とディスニーランドです。北海道は思ったより涼しくてキレイでした。夜は居酒屋へ行ってカニを食べました。すごく大きくて甘かったです。でも、私はビールがちょっと苦手です。それが残念でした。東京農業大学の先生はお金持ちだと思いました。北海道で野生の鹿と馬を見ました。動物が好きな私は幸せでした。私はディスニーランドで一万円ぐらい使いました。見る物は全部かわいくてなんでも買いたくなりました。ディスニーランドは夢が叶う場所だと思いました。もし、チャンスがあれば、もう一度行きたいです。    誕生日に、e研の先生からカードを、そして小林先生からプレゼントをもらいました。嬉しくて台湾へ帰りたくないと思いました。でも、私が飼っている犬とウサキを思い出したら、ちょっと寂しくなりました。私は毎日ミルとプニの写真とビデオを毎日見てします。    最後に、e研の先生に教えてもらった日本語や文化は役に立ちました。ありがとうございました。そして、日本へ来ることを許してくれた両親にも感謝しています。
1 2 3 15